リケジョまなのブログ

大学生活・受験・オセロなどについて書いています。

学歴社会はおかしいのか高学歴が考えてみた|なぜ現代の日本は学歴社会なのか

この記事のタイトルは「学歴社会はおかしいのか高学歴が考えてみた」となっていますが、まさか「高学歴」という言葉に惹かれていませんよね。

学歴社会賛成派の人はいいですが、反対派の人は気をつけてください。

知らず知らずのうちに学歴社会に染まっていますよ。

 

というわけで今回はタイトルにもある通り、学歴社会がおかしいのか考えてみたいと思います。

私は一般的に高学歴と言われる難関国公立大学に通っています(自分で言うな)。

 

 

学歴社会はおかしいです

f:id:mana_312:20210424221000j:plain

学歴社会はどう考えてもおかしいです。

だってそうでしょ?

勉強ができる=仕事ができる?

なわけ。

 

どれくらいおかしいのかと言うと、

「勉強できるなら走るの速いよね?」

って言ってるくらいおかしいです。

 

「学歴は努力すれば手には入るのだから、勉強できない人は努力できない人」なんていう人もいますが、あまりにも世の中を知らなすぎです。

勉強できるなんて超贅沢。

 

親の収入がある程度ないと勉強できる環境は整わないですし、勉強なんて意味ないと思っている親の元で勉強するのも大変です。

奨学金で大学行けばいいじゃんと思うかもしれませんが「大学なんか行かず家族のために仕事しろ」なんて言われる子供もいるわけです。

 

このような世の中で「学歴が高い=仕事ができる、学歴が低い=仕事ができない」なんておかしすぎますよね。

 

それでも学歴社会に染まっている人々

f:id:mana_312:20210424221036j:plain

みんな学歴社会がおかしいなんてわかっているんです。

でも完全に染まっています。

 

「勉強できることと仕事できることは関係ない」

うんうん、その通り。

 

「高学歴のくせに仕事できない」

え、、、

 

「高学歴のくせに仕事できない」という言葉よく聞きますよね。

でもこの言葉は学歴社会に染まっている人の発言です。

高学歴=仕事ができると思っているからこそ、このような発言をしてしまうのです。

 

なぜ現代の日本は学歴社会なのか

f:id:mana_312:20210424221100j:plain

それは「効率がいいから」と「他に指標がないから」です。

企業が新しい人を採用するときに、あまり労力と時間をかけたくないと考えるのは当然です。

大学名だけでエントリーシートをはじく企業もあるとかないとか。

 

すみませんが、子供時代に勉強する環境が整っていなかった場合をここでは除かせてもらいます。

そうなると会社側はこのように判断します。

  • 勉強できる→学生時代に嫌なことから逃げず努力した人
  • 勉強できない→学生時代に嫌なことから逃げ部活や遊びばかりだった人

 

会社側としては嫌な仕事でも頑張ってくれる人が欲しいと思いませんか?

高学歴な人を雇ったほうが頑張ってくれる確率が高い、と会社は判断するのです。

学生時代に勉強しなかった人だって「お金稼げるなら仕事するよ」と思うでしょうが、それを証明するものが何もありません。

対して高学歴なら「嫌なことも頑張るよ」とある程度は証明できます。

 

人を雇うときは、仕事ができるかできないかで判断しないといけないのですが、他に指標がないし効率もいいということで、学歴社会なのでしょう。

 

学歴社会のせいで学歴と人間性に相関関係が生まれる

f:id:mana_312:20210424221928j:plain

勉強ができる=仕事ができるは違うと思いますが、高学歴の集団には人間性の高い人が多い、とあくまで個人的に考えています。

(ちなみに私は自己中で他人に気を配れない人間性の低い人なので外れ値ですが。)

 

相関性を感じたきっかけは、私自身が大学に入学した後、「この人すげーな」「この人優しいな」「あの人は志が高いな」と思える人間性の高い人にたくさん出会えたからです。

 

現代の学歴社会の中で、特に学生時代は勉強が一番のように感じられています。

勉強ができることで親や学校の先生に褒められ、友達からもすごいと認められる。

小さな頃から他人に褒められたり認められたりすると、自信がつき余裕ができるので、自分も他人を認められるようになるのでしょう。

 

対して勉強ができない学生は、親や学校の先生にできないねと言われ、友達からもバカにされる。

勉強ができないというだけで、自分のすべてが否定されてしまうように感じます。

小さい頃から「できないね」「落ちこぼれ」などと言われ育てられれば、妬みや不安で頭がいっぱいになり、他人を恨みたくもなります。

 

  • 勉強ができる→褒められ認められる→他人を認める
  • 勉強ができない→バカにされ否定される→他人を批判する 

このようにして学歴と人間性に相関関係が生まれているのでは?と思っています。

 

ただし「勉強ができない=人間性が低い」というのはもちろん間違えです。

勉強が苦手な人の中にも人間性の高い人は大勢います。

 

暇な学生なら勉強はおすすめ

f:id:mana_312:20210424222334j:plain

学歴社会はおかしいと思いますが、「やることないな」と暇している学生がいれば勉強を頑張ってみてほしいです。

今のところ、勉強はできないよりもできたほうがいろいろと得だからです。

足は遅いより速いほうがいいのと同じです。

 

心理学ではハロー効果と呼ばれる現象が認められています。

ハロー効果とは、一つの事柄に対する評価が、他の事柄に対する評価にも影響を与えることです。

例えば、勉強ができれば仕事もできそうに見える、勉強ができなければ仕事もできなさそうに見える。

 

実際に仕事ができなくても、勉強ができれば仕事ができそうに見え、入りたい企業に入れるかもしれない。

学歴社会ができあがったのは昔の人々がバカだったのではなく、心理学が関係している可能性もありますね。

 

少し話が逸れましたが、とにかく勉強ができて損することはありません。

もし他に頑張りたいことがあるなら、そちらを頑張ればいいと思います。

暇すぎてYouTubeばかり見て時間を潰しているくらいなら勉強しておくといいですよ。

 

少なくとも私は勉強しておいてよかったと思っている1人です。

他人から褒められるのは気持ちがいいですし、人間性が高い人にもたくさん出会えます。

まあ自分を正当化したいだけかもしれませんが。

 

まとめ:学歴社会はおかしいよ

今回は「学歴社会はおかしいよ」という話をしました。

最初に「私は一般的に高学歴と言われる難関国公立大学に通っています」と書きましたが、これが低学歴と書いてあったらこの記事の受け取り方は変わったでしょうか?

 

学歴社会に染まっている人々はたくさんいますが、世の中には完全無視して楽しく暮らしている人もいます。

例えばフリーランスで働いている人とか起業した人とか。

学歴社会を変えることは難しいですが、行動次第でいつでも学歴社会から逃げることはできると思いますよ。