リケジョまなのブログ

大学生活・受験・オセロなどについて書いています。

『GRE Chemistry Subject Test』の練習問題を解いてみた結果

化学科に所属している大学生の方、『GRE Chemistry Subject Test 』って知っていますか?

私はつい最近、講義中に教授からこのテストの存在を教えてもらいました。

なにやら化学系で留学を考えている人は、受けておいたほうが良さそうなテストらしいです。

 

私自身、留学を考えているわけではないのですが、興味があったのでネット上にある練習問題を解いてみました。

そこで今回は、そもそも『GRE Chemistry Subject Test 』って何なのか、難易度はどれくらいなのか、などについて話せればと思います。

 

本ブログ筆者

  • とある大学の理学部化学科3年生

 

 

そもそも 『GRE Chemistry Subject Test 』って何?

f:id:mana_312:20210813214159j:plain

『GRE Chemistry Subject Test 』はTOEIC・TOEFLなどを開催しているETSが、同様に実施しているテストです。

アメリカやカナダの大学院(化学系)に進学するときに、スコアの提出が強く推奨される試験となっています。

『GRE Chemistry Subject Test 』が成績のすべてではないですが、点数が良ければ留学の機会を掴めることがあるようです。

 

ちなみに問題は全文英語で、日本語での情報はネット上にほとんどありません。

詳細情報はこちらのようになっていますが、あくまで参考程度に。

  • 受験料:150$
  • 実施:年3回(4・9・10月の土曜日)
  • 会場:世界の指定会場(日本では数カ所)
  • 申し込み:5週間前が目安

 

テスト内容は?

f:id:mana_312:20210813214233j:plain

全問5択のマーク式。

問題数は130問程度です。

制限時間は3時間弱(2時間50分)。

 

あまりなじみのない採点方法を取っていて、点数は200点~990点の間になります。

年によって、0問正解でも300点以上だったり、満点が980点になったりするようです。

公開されている過去データ:https://www.ets.org/s/gre/pdf/gre_guide_table2.pdf

 

内容は次の通りに構成されています。

  • 分析化学:15%
  • 無機化学:25%
  • 有機化学:30%
  • 物理化学:30%

「生物化学はないのかな」と思ったら、生物無機化学みたいな感じで普通にありました。

かなり幅広く化学の知識が問われるテストのようです。

情報参照元:https://www.ets.org/gre/subject/about/content/chemistry/

 

実際に解いてみた結果・感想

f:id:mana_312:20210813214303j:plain

実際に解いてみた練習問題はこちらです↓

https://www.ets.org/s/gre/pdf/practice_book_chemistry.pdf

ETSから公開されています。

 

ちなみに参考程度に言っておくと、私の学力レベルは大学のGPAが3ちょっと。

優秀な化学科の中では少し落ちこぼれのほうかも、というレベル感です。

 

さっそく結果は、130問中81問正解で980点中680点。

実は、かなり時間オーバーで解きました(時間足りなかった)。

 

気になる難易度は、あくまでも主観ですが

  • 問題自体は基礎レベル
  • しかし英語が読めない

です。

 

問題はそこまで難しくなく、大学の講義で教わる内容・教科書の内容が分かっている人なら、かなり解けると思います。

しかし英語を読めないとけっこう大変です。

化学の専門用語をちゃんと英語で知らないと厳しいと思います。

 

問題を解くことに時間を取られる、というより英語を読むことに時間を取られます。

化学より英語の勉強しておいたほうがいいかも?

 

あとは3時間という長い間、集中力を維持することが大変だなと感じました。

 

対策に使えるサイト・問題集

f:id:mana_312:20210813214457j:plain

いろいろと検索して、『GRE Chemistry Subject Test 』対策に使えそうなサイト・問題集がありましたので、ここに挙げておきます。

 

無料の練習問題(ネット)

 

問題集

 

 

GRE公式サイト

 

まとめ:留学を考えている化学科生、受けてみては?

今回は『GRE Chemistry Subject Test』についていろいろと調べながら、まとめてみました。

アメリカやカナダの大学院への進学を考えている場合には、ほぼ必須の試験のようです。

留学を少しでも考えている人は、受験して良い成績を収めておくといいと思います。