リケジョまなのブログ

大学生活・受験・オセロなどについて書いています。

塾バイトの面接で私服はあり?スーツがないときの対処法も解説

「塾バイトの面接はどのような服装がいいのかな」と困っている大学生も多いのではないでしょうか?

「私服OK!」と言われていても、本当に私服でいいのか不安に思っている人もいるでしょう。

 

今回は塾バイトの面接へ行くときの服装について、元塾バイトが説明します。

塾バイトを考えている人、塾バイトの面接予定がある人はぜひ参考にしてください。

 

 

【結論】あるならスーツが最適

f:id:mana_312:20210404085817j:plain
基本的にスーツがあるなら、スーツを着ていくことが最適です。

 

「私服OK!」と言われていても、面接の際にはスーツを着ていくと好印象です。

「私服でいいのにスーツで来てくれたのか」と面接官は思い、話す前から良い印象を与えられます。

 

スーツの正しい着こなし方

f:id:mana_312:20210403225824j:plain

ここではスーツの正しい着こなし方を簡単に紹介します。

スーツを着慣れていない大学生の人は確認に使ってください。

 

男性

スーツは黒・紺・グレーの中で選びましょう。

特にこだわりがなければ、使用シーンの多い黒がおすすめです。

着る際は次のことに気を付けます。

 

  • ジャケット:ボタンを留める
  • シャツ:白色。シワがないように。
  • ネクタイ:スーツに合う色を。紺色やえんじ色が無難。
  • パンツ:ほつれがないように。
  • ベルト:靴の色と合わせることがベター。迷ったら黒。
  • 靴下:黒・紺・グレーならOK。くるぶしより長いものを。
  • 靴:黒の革靴がベスト。ダークブラウンもあり。
  • 鞄:ビジネスバッグ・リュックがおすすめ。

 

女性

スーツは黒・紺・グレーの中から選びましょう。

やはり黒なら使用シーンが多いので、おすすめです。

着る際は次のことに気をつけます。

 

  • ジャケット:ボタンを留める
  • シャツ:白色がベター。シワがないように。
  • スカート:膝が隠れる程度。ほつれがないように。
  • パンツ:ほつれがないように。
  • ベルト:パンツと同系色のものを。
  • ストッキング:基本ベージュ。
  • 靴:黒で、ヒールは3~5cm。
  • 鞄:ビジネスバッグがおすすめ。

 

経験上、パンツならひざ下ストッキングがラクでおすすめです。

 

正直、男性も女性も細かすぎますよね。

2021年現在でも服装やマナーにうるさい人(面接官)は多いようです。

もったいない理由で面接に落ちないよう、無難に着こなしておきましょう。

 

スーツがないときの対処法

f:id:mana_312:20210403225840j:plain

大学生になったばかりで、スーツをまだ持っていないという人もいるかもしれません。

そこで、スーツがないときの対処法を紹介します。

 

できるだけフォーマルに

スーツがないときは私服を着ていきましょう。

できるだけフォーマルな格好がふさわしいです。

スーツに近い服装をイメージすると、コーディネートしやすくなります。

 

男性なら例えばこのような感じです。

  • 襟付きシャツ
  • ジャケット
  • スラックス
  • 革靴
  • 手提げ鞄

  

女性ならこのような感じです。

  • カーディガンやブラウス
  • ジャケット
  • タイトスカートやフレアスカート
  • スラックス
  • ストッキング
  • ヒール
  • 手提げ鞄

 

男女ともに派手すぎず、シンプルな服装を心がけましょう。

色はスーツと同じく黒・紺・グレーを基調とすると、うまくまとまります。

 

また、次のようなものは一般的にNGとされています。

  • Tシャツ
  • ノースリーブ
  • ジーパン
  • 半ズボン
  • サンダル
  • スニーカー 

 

塾へ事前に確認

「スーツがないので私服でもいいでしょうか?」

と確認を入れておくと安心です。

 

特に「スーツでお願いします」と言われている場合に、勝手に私服で行くことはよくありません。

ルールを守れない印象を与えてしまうからです。

 

面接官も鬼ではないので、スーツを着ていけない理由を伝えれば、私服でも大丈夫なはず。

確認したときに「絶対に100%スーツでないとダメ!」と言うような塾は、柔軟性がないように思えます。

そのような塾でのバイトはおすすめできません。

 

髪色は黒が無難

f:id:mana_312:20210403225912j:plain

おまけですが、髪色は黒が無難です。

最近では茶髪OKの塾バイトも多くありますが、どの程度の明るさまで大丈夫かは不明です。

面接だけでも黒髪で挑み、バイト仲間の髪色を見てから髪色を決めると確実です。

 

髪型は前髪が目にかからず、耳が見えるようにすると好印象。

男性は短めに、女性は長いなら簡単にまとめるといいでしょう。

 

まとめ:私服はありだけれどスーツが基本

今回は塾バイト面接時の服装について説明しました。

塾バイトの面接では、スーツがあるならスーツを着ていくことが基本です。

しかし、事情があってスーツがない場合は私服を着ていくしかありません。

保護者が子供を任せたいと思うような、清潔感のある服装にしましょう。