リケジョまなのブログ

大学生活・受験・オセロなどについて書いています。

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』を3つのポイントで解説【要約・感想】

 「仕事が終わらない」

私はまだ大学生なので、このような経験をしたことはありません。

副業でWebライターを経験したことがありますが、サラリーマンのように仕事が多すぎることはないので余裕で終わります。

 

しかし少し考えてみると、大学のレポートはなかなか終わりません。

もしかしてサラリーマンの仕事が終わらないことと、大学生のレポートが終わらないことには、わずかながら共通点があるのではないか?

今回紹介する本のタイトルを見て、私はそう考えました。

 

本記事では、中島聡さんの『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』を読んで、印象に残った3つのポイントを解説していこうと思います。 

主観的な解釈・身近な経験も取り入れながら説明していきます。

 

 

 

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』を3つのポイントで解説

本書で印象に残ったのは次の3つのポイントです。

  • 仕事が終わらない原因はラストスパート志向
  • 最初の2割の時間で8割の仕事を終わらせる
  • どうしても集中できないという問題

一つずつ説明していきます。

 

仕事が終わらない原因はラストスパート志向

  • 仕事が終わらない大人
  • 夏休みの宿題が終わらない小学生
  • レポートが終わらない大学生

以上の人たちに共通しているのはラストスパート志向です。

 

締め切りの直前で無理やり終わらせようとすると、仕事・宿題・レポートはなかなか終わりません。

そして最悪の場合、締め切り当日に上司・先生・教授に「終わりませんでした、すみません」と言うことになります。

 

なぜこのようになるのか。

それは、そもそもラストスパート志向では仕事が終わらないからです。

 

ラストスパート志向の大きな欠点は、締め切り直前まで、その仕事の難易度を把握しないことまたは見誤ることです。

10日間で頼まれた仕事を始めもせず「これなら簡単に終わりそうだ」と見誤り、頼まれてから9日目にやり始めて、「やばい、終わらない」と焦る。

そして締め切り当日に締め切り延長を頼み、会社の迷惑に、、、

 

締め切りを延長したことはないですが、大学生ながらに私も同じような経験があります。

「レポートの締め切りは2週間後ね」と言われ、レポート課題を見るものの「意外と簡単そうだな、まだ2週間もあるし」と最初に思う。

1週間前に「まだ1週間前じゃん」、3日前に「まだ3日あるじゃん」と言っているうちに提出期限が迫ってくる。

 

いざレポートに取りかかると、思ったより難しくて夜遅くまで頑張る。

そして直前に無理やり終わらせてゴミレポートを提出する。

 

みなさんも同じような経験はないでしょうか?

仕事が終わらないのは、そもそも直前にラストスパート志向でやろうとしているからなのです。

 

最初の2割の時間で8割の仕事を終わらせる

ではラストスパート志向がダメなら、どうすればいいのか。

簡単です。

もっと早くやればいいのです。

 

本書には、最初の2割の時間で8割の仕事を終わらせて残りは流しでやる、と書いてあります。

10日で頼まれた仕事は最初の2日で8割、1週間が締め切りのレポートは最初の1日半で8割を終わらせる。

 

働いている人は「無理だ」と思ったかもしれません。

私は社会人として働いたことがないので、この意見には反論できません。

 

しかし大学生のレポートに関しては無理ではない、と思います。

1週間が締め切りのレポートを最初の1日で8割完成させることは、ちゃんと集中すれば意外と簡単。

 

仕事の場合は、もし8割ができなかったら締め切り延長をその時点で頼むべき、とのこと。

たしかに、締め切り当日に延長を頼むよりかは、もっと早くに延長を頼まれたほうが上司も助かるはずです。

 

ラストスパート志向では「早めの延長」を頼むことができません。

最初のほうで仕事を始めもせず「終わるだろう」と考え、どれほどの仕事なのか把握できていないからです。

仕事なら早めの延長を申し出れば、クオリティ自体に支障が出ることはないでしょう。

 

しかし大学のレポートは早めに延長、などという概念がありません。

遅れたら成績が悪くなるだけです。

だから、大学のレポートはそもそも2割の時間で終わるよう、締め切りが設定されているとも考えられます。

 

なのに、なかなか終わらないのはラストスパート志向だから。

最初の1日でやってみないから、そのレポートがどの程度の難易度なのかわからず、最後に根性で徹夜することになるのです。

最初に8割やっておけば、提出期限までの間に、わからないところを教授に質問だってできます。

 

ちなみに、大きな仕事なら細分化すればOKです。

1ヶ月の仕事を10日ごとに分けたり、またさらに5日ごとに分けたり。

この方法は柔軟に使えます。

 

どうしても集中できないという問題

そして最初の2割の時間で8割の仕事を終わらせるためには集中力が必要です。

集中力さえあれば早めに仕事を終わらせられます。

 

だからこそ著者は「集中しなきゃいけない仕事なんかするな」と言っています。

「残業しなければいけない」ではなく、残業するほど楽しい仕事を選ぶべきだと。

著者の中島聡さんはプログラミングが好きだから、仕事でもプログラミングに集中できる。

 

ゲームなら集中力が続くのに、仕事になるとなかなか続かない。

それは仕事が楽しくない「集中しなきゃいけない」ものだから。

 

でもやりたくなくても、やらなければならないこともある。

そんなときは期限をつけて集中するといいです。

 

今の仕事がいやだから好きな仕事に転職したい、と考えたとき。

半年で転職しようと決めたとする。

半年間は集中して仕事をさっさと終わらせる。

そうすると時間が余るので、転職のための準備ができる。

半年後には好きな仕事へ転職。

 

自分が何をしたいのか早く見つければ、いやなことでも頑張れます。

つまり、仕事を終わらせるために一番大切なのは、自分が本当にやりたいことを見つけることです。

 

私自身もWebライターの仕事が簡単に終わるのは、作業自体が自分に向いているからだと思います。

対してレポートは面倒だから締め切り直前まで終わらない。

しかしこの本を読んでからは、やりたいことのためにさっさと終わらせることを心がけています。

 

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』まとめ

今回は、 『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』で印象に残った3つのポイントを解説してみました。

まとめると、仕事が終わらないのはラストスパート志向のせいであり、終わらせるために大切なのは最初の時間で猛ダッシュすること。

そして好きなこと・やりたいことを見つけて、集中しようと思わなくても熱中できることをすべきであり、そのために嫌なことを猛ダッシュで終わらせる。

 

本を読むまで知りませんでしたが、著者の中島聡さんはパソコンの「右クリック」「ドラッグ&ドロップ」の概念を作った、マジですごい人です。

そんな中島聡さんの人生も知れるので、気になった人は本書を手に取ってみてください。

私はもう2回読みました。

 

目次

1章 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

2章 時間を制する者は、世界を制す

3章 「ロケットスタート時間術」はこうして生み出された

4章 今すぐ実践 ロケットスタート時間術

5章 ロケットスタート時間術を自分のものにする

6章 時間を制する者は、人生を制す